Nagoya Ryugakusei Net
Walk & Talk: 伝馬町から「宮の渡し」へ

Walk & Talk: 伝馬町から「宮の渡し」へ

江戸時代(1603-1868)の主要道路であり、江戸(東京)と京都を結んだ東海道五十三次(53の宿場町)のうち、宮宿と桑名宿との間は、海上ルートでした。今回のWalk & Talkは、地下鉄伝馬町駅から「宮の渡し」(宮宿)へ歩きます。当時、人々がどのようにして旅行したのか、また港に面した宿場の様子を知りましょう。

このイベントは、2022年11月26日(土曜日)に行います。15名まで参加できます。

名古屋大学から地下鉄で伝馬町駅に移動し、宮宿まで歩きます。日本庭園で知られた白鳥公園も訪れます。

名古屋に到着して間もない大学院留学生の方々を歓迎します。

日時: 2022年11月26日(土曜日)午前9時30分から12時30分まで

対象者: 名古屋とその周辺地域への大学院留学生の方々

目的地: 「宮の渡し」(宮宿)と白鳥公園

集合場所と集合時刻: 地下鉄名城線 名古屋大学駅 地上出口1番付近、9時30分にお集まりください。あるいは10時10分に地下鉄名城線 伝馬町駅 地上出口4番付近にお集まりください。

当日のウォーキングプラン: 名古屋大学 → (地下鉄)→伝馬町→(徒歩)→宮の渡し・白鳥公園→宮宿出口 (イベント終了)

注意事項

  1. 舗装されていない道も歩きますので、適切な服装をし、ウォーキング用の靴でおいでください。
  2. 大学から名城公園までの途中にトイレ施設はありません。
  3. 当日、気分がすぐれないときには、イベントへの参加をご辞退ください。
リンク: 宮の渡し

東海道とは?

浮世絵の中の宮宿

このイベントに参加を希望される方は、以下の申込書に記入して、送信してください。